旅行を最大限に満喫する方法!

旅行を満喫するコツとは?

旅行に行ったとき渋滞などで、満喫できない…なんてこともあるかと思います。そんなとき、みなさんはどうされていますか?渋滞を並んで待っていますか?それでは、ただ時間が過ぎてもったいないです!でも、どこに行けばいいかわからないなんて方も多いのではないのでしょうか?そこで、今回は楽しむ方法を考えて行きたいと思います。

車で行くのなら休憩所で、その周辺のマップをもらいましょう。そうすることにより、地図を見ながらルートを考えることができます。ナビで良いじゃん?と、思われる方もいらっしゃると思いますが、ナビでは途中で寄り道できる場所やスポットを探すことは困難です。その点地図を見ながらだと、家族や友達と顔を寄せ合って見ることが可能なので、コミュニケーションを取るきっかけにもなります。

道の駅は、一カ所は寄るべし

え?道の駅?何で?と、思いますよね?実は、道の駅にはその土地の良いところを一度にたくさん見ることができるので貴重な情報源になります。また、そこで、興味を持ったところに関する資料もたくさんおいてあります。そのため、道の駅は旅先で困った場合、力になってくれる観光客の心強い味方なのです。博物館や、体験工房などが併設されている道の駅も今は多くあり、道の駅も観光スポットの一部となっています。道の駅巡りもおもしろそうですね。その上、道の駅は重要度の高い道路にはあまりなく、少し離れた山道などにあることが多いので、ちょっとした休憩所としても使えて便利ですよね。

秋になったら豊後高田に精通しているタビマスターズを活用して旅行計画を立てよう。

旅行先を定めるときには

いくつかの要素が大事

旅行先を決めるときには、いくつかの要素が大事であるといえますから、それを忘れないことです。まず、なんといっても、日程です。暇な学生なんか別として、仕事があるのであれば、どうしても休みを調整する必要があります。つまりは、前もってかなりしっかりと計画を立てる必要がある、ということになります。これが旅行で一番大事なことであり、そして、大変な点でもあります。もう一つは予算です。つまりは、いくらまで出せるのか、という点になります。これによって、いけるところがある程度、絞り込まれてしまう、ということになります。

更には目的地で何をするのか

目的地が決まり、そして、そこで見て回るルートを決めて、食事をする場所なんかを決めることになります。この計画自体が旅行の醍醐味の一つでもあります。目的地で何をするのか、というのは極めて大事なことです。特に決めないで名所を色々と巡るだけ、ということも悪いわけではないです。むしろ、よいことであるとすらいえます。しかし、何か特別なやることを目的に行くとさらに旅行は楽しくなります。物見遊山もよいですが、何か想い出に残る行為をすると極めて良い旅行とすることができるようになります。もちろん、無理はしないでよいです。

冬になったら香春に詳しいタビマスターズを見つけてたびに出てみよう。

良い旅行先というのは

治安がまずは大事です

国内の旅行では殆ど気にすることではありませんが、海外旅行では、良い旅行先、というのは、治安が良いところです。どうしても日本の感覚でいく人がいますが、極めて危険なことであるといえます。あくまで世界的に日本ほど安全な国はない、と考えておくべきです。海外に旅行に行くことを極端に危険視しているわけではないですが、安全に対する配慮はしたほうがよいです。外務省が渡航情報と言うのを出しています。危険なところ、というのがわかるようになっていますから、チェックすることです。それこそ、その国ではタクシーに乗るな、ということが書いてあるときもあります。

国内旅行がやはりお勧め

極端に行きたい理由がないのであれば、国内旅行が極めて安全であるといえます。何しろ、そもそも国内にだって、かなり見るべきところはあります。それは確実であるといえます。日本国内の見るべき価値がある遺跡、建造物、美術館、自然なんかをすべてみた、という人なんて一般人ではありえないです。また、各地には産物もあります。色々と特産品もありますから、それを見て回るのも良いです。海外に行くのもよいですが、国内にも魅力があることを忘れないほうが楽しめる場合もあります。有名な観光地ですら、なかなか意識的に機会を作らないといかないものです。

秋になったら田川に精通しているタビマスターズを見つけてたびに出ましょう。

鉄道ファンにおすすめ!?世界最長シベリア鉄道の旅

「シベリア鉄道」って、いったいどんな鉄道?

飛行機の旅が当たり前になった現在でも、鉄道旅行が好きな方は少なくないと思いますが、「シベリア鉄道」をご存知でしょうか?

シベリア鉄道は、ウラジオストクからモスクワまでロシア国内を東西に9,297kmに渡って横断する、世界最長の鉄道です。1904年の開通以来、ロシア国内だけでなくアジアとヨーロッパを結ぶ主要な交通路線として重要な役割を果たし、民間の航空機が登場するまでは日本からヨーロッパへと向かう最速の交通手段でした。80年代ごろまでは現在のように航空運賃も安くなかったため、旅費を浮かせるためにシベリア鉄道を利用する人も多かったようです。

現在ではウラジオストクとモスクワを結ぶ本線以外に、中国の北京とモスクワを結ぶ路線やウラジオストクとウクライナを結ぶ路線などさまざまな路線があります。

鉄道旅行を満喫できるシベリア鉄道の旅

シベリア鉄道本線のモスクワとウラジオストクを結ぶ列車「ロシア号」の旅は、始発から終点まで乗車するとなんと6泊7日の長期旅行になります。

当然寝台列車となりますが、寝台には2人用個室と4人用個室、6人用の開放寝台があり、ロシアの現地客や外国の旅行者なども多いのでさまざまな国の人と同室の旅をすることができます。食堂車もありますが、値段が高いので食べものを持ち込む人が多く、車両ごとに給湯器があるためカップラーメンなどを利用する人が多いようです。

旅行中は車窓からの雄大な景色を思う存分堪能することができますが、全線を乗車せずに途中の主な都市などに下車して観光するのもよいでしょう。世界一長い列車の旅を、ぜひ一度味わって見られてはいかがでしょうか。

夏になったら足利で話題のタビマスターズを使って遊びに出掛けよう

《家族旅行》子供の年齢で旅行プランが決まる!!

旅行プランで子供の関心を引く!

一年に一度は行きたのが家族旅行ですよね!!

特に子供のいるご家庭では、夏休みの時期に行かれることが多いと思われます。しかし子供が大きくなるにつれて、行く場所や内容に頭を悩ませることはないでしょうか?又、家族全員の日程を合わせることもだんだん難しくなってくるでしょう。親が行きたいと思ったところでも、子供には全く興味のない場所だったり、年頃になると親と一緒に旅行に行くことを拒否する子供がいるのが実情です。

そこで、いかにして子供の関心を引き家族旅行を楽しめるか、実体験をもとに子供の年齢別旅行プランについてまとめてみました。

子供の年齢別おすすめプラン

小学校未就学児の子供の場合、『視覚』をメインにプランを立てましょう。動物園や植物園、昆虫館など見て楽しめるところがあれば十分です。ただ小さい子供だとぐずってしまうかもしれませんので、騒がしくしてもOKな場所であるか、お手洗いが近くにあるかも要確認です。小学生は非常にアクティブなので、海水浴や遊園地などエネルギーを発散できる場所や、物作りや動物とのふれあいなど『体験』に重点を置くと良いでしょう。部活動や勉強に忙しい中学生は、旅行の日程を組むのが大変な時期で、旅行先にも一番悩む年頃かもしれません。普段の疲れを癒せる避暑地や温泉、世界遺産巡りなど静養と学習を盛り込むプランがお勧めです。高校生以上になると、家族より友達が優先になってきます。海外旅行のプランを立てるなどで興味を引きましょう!

冬になったら福岡のタビマスターズを見つけて今すぐ飛び立とう

海外での携帯電話の使用

日本と海外では充電の電圧が異なる

日本国内でも必須のアイテムとなっている携帯電話ですが、海外へ旅行する場合には特に携帯電話が役立ちます。一緒に旅行に来た人とはぐれてしまった場合や、病気等で緊急に連絡を取りたい場合には必須となります。海外で携帯電話を充電する時は、日本のコンセントと電圧が異なる場合が多いので、あらかじめ電圧を調整できる機器を購入しておきましょう。もしも携帯電話が対応していない電圧で充電を行ってしまった場合には携帯電話内部のデーターが破損してしまうだけでなく、本体から発火する等の故障の原因ともなってしまいますので注意が必要です。

海外で携帯を利用するには事前の設定が必要

海外で日本の携帯電話を使うためには、その機種が海外でも使用可能な機種か否かを確認しなければなりません。取扱説明書に記載がありますので一読しておくべきです。その携帯電話が海外で使う事の出来る機種であっても、出発前にショップにてローミング手続きと呼ばれる手続きが必要になる場合があるので要確認です。海外で携帯電話を利用する場合には、日本で利用する場合と比べて通話料、通信料とも非常に高額になりますので、携帯会社によって定額制のサービスを提供している会社もありますので、事前に契約しておくことによって高額な請求から身を守る事ができます。

こちらのサイトから茨城の一部で話題のタビマスターズを探して旅に出てみよう。

イギリスといえばまずはさすがにロンドン

ロンドン市内の観光はよいです

イギリス旅行にいくのであれば、やはりロンドン市内がお勧めできます。イギリスというのは、大雑把にいいますと四つの地方があります。イングランド、ウェールズ、北アイルランド、スコットランドです。それぞれ、元々は独立した王国だったのですが、それが合併して今のイギリスとなったのです、その一つがイングランドであるわけです。首都があるのもイングランドですから、名目も事実上もはっきりいってイングランドが中心であるといえます。イングランドでお勧めできる旅行先といえば、やはりなんといっても首都であるロンドンです。さすがに色々と見るところがあります。例えば、歴代の王が戴冠式を行うウェストミンスター宮殿がお勧めできます。ちなみに現在では、イギリスの国会議事堂としても使われています。

ビックベンもとてもお勧めできる

有名なビックベンというところが極めてお勧めできる観光名所です。他にもバッキンガム宮殿もよいです。特定の時期以外は見学ができないのですが、外から眺めるだけでも価値があります。見学できる時期もありますから、それを狙うのもお勧めできます。さらに金融街であるシティ・オブ・ロンドンもお勧めできます。世界金融の一角を担っているところですから、一見する価値はありますので、是非とも行ってみることです。これからの国際社会人としていきていくのであれば、金融街を見学することは良い経験となるのは間違いないです。当然ですが、イギリスですから、紅茶も楽しめます。

ここで三重にいるタビマスターズを見つけて旅行に行こう